示談は差が出るから提示を鵜呑みにしない

握手

名古屋で交通事故にあってしまうと治療が重要ですし、現実として生活や仕事に大きな犠牲が伴います。場合によっては治療してもこれ以上改善の見込めないと後遺障害が残ってしまうこともあります。その賠償として示談金があるのですが、相手方もできるだけ支払い分を減らしたいので、低く示談金を提示してきます。何も知らないと、こんなものかとサインしてしまいますが、一度サインしてしまっては撤回はできません。そこで重要なのが妥当な示談金を知ることです。自分でもある程度基準を知って計算することはできても、それを相手方に伝えたところで、ケースバイケースと言ってうまくかわさせてしまいます。請求基準は法律で決まっているのは自賠責保険の範囲のみので、任意保険以上は定められていません。その保険会社の規定と言われてしまえばそれ以上を覆すには、それ相当の根拠が必要です。そこで力を発揮するのが法律のプロの弁護士です。

裁判も視野に出来る権限があるのが強み

交通事故

示談や交通事故の過失に納得ができない場合は、法律のプロである名古屋の弁護士に依頼することがおすすめです。弁護士なら相手方の言い分が根拠にのっとっていない場合は指摘ができますし、こちら側の主張の根拠も法的に示せるだけの知識があります。それに対抗するには、相手も法的な根拠が必要ですが、低く見積もっている場合は根拠が正しく出せませんので、結局は弁護士の方が有利になります。また、あまりにも悪質だったり話し合いを持とうとしない時には、裁判に訴えることができるのも弁護士に強みです。示談金の水準は裁判所が出すものが一番高いです。その上、負ければ裁判費用なども負担しなくてはなりません。それなら示談で折り合いをつけた方が負担が少ないと、相手方の保険会社は折り合いをつけてきますので、示談金がアップすることが多いです。

選ぶべきポイントを抑えてスムーズな交渉を

女性

名古屋で交通事故の相談をするなら弁護士を入れた方が安心です。しかし、誰でもいいかと言うと、そんなことはなく選ぶべきポイントがあります。名古屋には多くの弁護士がいますが、法律の世界も広いので、扱う内容もひとりひとり専門分野があります。基本的な法律は全員が知っていますが、自分の専門外となると最新の動向まで把握するのは限られます。そこで交通事故の交渉をしてもらうなら、交通事故を専門だったり、実績が多い弁護士を探すことが重要です。常に扱っているので、法律ももちろん精通していますし、最近の傾向や交渉術も把握しています。交渉の時もよくある相手方の言い分も分かっていますので、どう切り返せばいいのかや、対処方法まで熟知しています。多くの弁護士がいる名古屋だからこそ、交通事故に強い弁護士も探せますし、いますので詳細を相談して依頼すると、信頼してお任せできます。

広告募集中